狭い場所での作業に威力を発揮

Daxkey Wrench ダックスキーレンチの製品イメージ

両端曲げタイプ

両端を90°ずらして曲げてあるので、両端を交互に差替えて使用することにより、既存品の半分の30°回転のスペースがあれば連続作業が可能となります。また、既存の六角棒レンチよりも、曲げ部から先端までの長さ(首下長さ)を約半分に短くしてあるので、高さの低い場所でも作業が可能となります。

両端曲げの特長イメージ図 回転角度30°で連続作業が可能のイメージ図

角曲げタイプ

六角形の辺で曲げてある既存品と違い、角で曲げてあります。既存の六角棒レンチと組み合わせて使うことにより、回転角度30°で連続作業が可能となります。また、既存の六角棒レンチよりも、曲げ部から先端までの長さ(首下長さ)を約半分に短くしてあるので、高さの低い場所でも作業が可能となります。

角曲げと辺曲げの違いイメージ図

ダックスキーレンチ両端曲げタイプの使い方

ダックスキーレンチ角曲げタイプの使い方

【製品検索】

シリーズ別
カテゴリ別

在庫限り品はこちら

page top